ホーム>旬の食材が美味しい理由
  • フジワラファームのこと
  • オーナーのこと
  • 商品一覧
  • 会社案内・マップ
  • ブログ
  • お問い合わせ

旬の食材が美味しい理由

旬の食材が美味しい理由

最近では産地直送野菜を通販で購入する方がとても多いです。
レストランやホテルの業務用としてだけでなく、ご家庭でも活用したいという方が増えています。
何と言っても旬の食材が楽しめるのが人気の秘密ですが、何故旬の食材は「美味しい」と感じられるのでしょうか。

食材の栄養価が高まる

旬の食材が美味しい理由

旬とは最も実が熟している、栄養価が高まっている時期の事です。例えば、野菜を含めた自然の植物は花を咲かせ、実をつけ、種を残す事で命を次の世代につなげています。次世代に命をつなげるためには、多くのエネルギーが必要です。人間でも妊婦さんは子供を産むために多くの栄養を必要とします。

また、自然界には戦略的に実を美味しくするものもあります。実を美味しくする事で鳥や虫に種ごと食べてもらい、遠くまで種を運んでもらうという方法です。つまり、旬の産地直送野菜は食べ物の美味しさや栄養が最も豊富な時です。

人間の身体が欲するから

四季の移り変わりは、野菜だけでなく人間の体にも影響を及ぼしています。
例えば、夏には体を冷やす食材や夏バテしないためにスタミナのつくものを食べたいですし、冬には体を温めるものが欲しくなるのではないでしょうか。

夏には食欲をそそる酸味が豊富なトマトや体を冷やす果実野菜(スイカ、キュウリ)葉野菜が旬となり、冬には体を温める根菜類がそのピークを迎えます。

人間も四季の移り変わりを体内時計で感じる事で旬の食材を欲しているため、産地直送野菜がおすすめなのです。

四季を感じる身土不二

身土不二とは、人と土・環境は全部で自然の1つであり、その土地で生きるためにはその土地で自然に育つものを食べようという仏教に基づいた考え方です。

私たちが普段口にしている野菜は、その土地で生きていくために適応・進化してきた歴史があります。
例えば、地中海沿岸は乾燥している事でも有名ですが、イタリアンでも良く使用されるオリーブは、種子の乾燥を防ぐため果実に保湿効果の高いオイルを豊富に蓄えています。

その土地で生きていくために必要な栄養は、その土地で四季折々自然に生きているものに一番多く含まれています。

産地直送野菜の良さは最も旬な時期にある野菜が送られてくることです。
四季折々その土地に適した野菜を食べるために最も安心できる購入方法ではないでしょうか。