ホーム>美味しい野菜ブログ>2019年2月
  • フジワラファームのこと
  • オーナーのこと
  • 商品一覧
  • 会社案内・マップ
  • ブログ
  • お問い合わせ

2019年2月

ナスターチュームリーフ収穫が始まりました。

201931023447.JPG

 

イタリア野菜 フジワラファーム ナスターチューム

丸っこい葉で可愛らしく料理を演出してくれるナスターチュームが収穫できるようになりました。

少し爽やかな苦味がありますがその苦味も料理の引き立てに一役買ってくれます。

数年前フランスでアレンジに使われてから日本でもここ数年根強い需要があります。

又、大きくなった葉も敷物として使うと葉の上の料理がより輝きを放っているようです。

値段もミニサイズと同じですのでより使いやすいと思います。

尚、花も格調高いエディブルフラワーとして以前案内していますのでそちらもご利用ください。

 

ルタバカスープラーメンが大人気

201922194039.JPG

美味しそうなルタバカ

201922194352.JPG

ラーメンスープではありませんが参考に!

イタリア野菜 フジワラファーム ルタバカ スープ

数年前、春の青空市場でイタリア野菜だけの販売では面白くないので私の友人でフレンチのシェフに何か手軽で食べやすく注目される料理を

出品したいのだがと相談した所ちょっと変わったラーメンを出してみようということになりスープにルタバカを使うことになりました。

鳥ガラの酷とルタバカのまろやかな舌触りが際立つスープで青空市場で販売した所最終までかかるかなと思っておりましたが、来店客に好評で昼過ぎには

完売の案内をするほどでした。あの時の盛況ぶりは今でもはっきり覚えています。

意外な取り合わせのラーメンでしたがお客様にここまで好評になった要因についてシェフと話しましたが、スープ自身は豚骨スープその物みたいでしたが、

ルタバカを加えることでひつこく無いまろやかさが加わったことが好調な売れ行きとなったものと思われます。

ルタバカのスープは有名ホテルでも定番メニューとして加えられているほどの絶品スープです。調理は難しくないので温かいスープを囲んで夕食を楽しまれるのも素敵ですよね。

家族で夕食を囲む機会が少なくなっている昨今では野菜の取り持つ家族のホットな可能性を見出すのも良いのでは!

個人の方には必要であればレシピもあります。

春の陽気と残念な出来事。

 

ここ数日春を思わせる陽気です。春野菜、夏野菜の準備作業が忙しく夏てきました。

冬野菜から春野菜への切り替えがもうすぐはじまります。

2019218224552.JPG

いつもなら満開3月なのに?

2019218224630.JPG

ミツバチが蜜を集めに集合 チーマデラパ

イタリア野菜 チーマデラパ 春

残念なのがチーマデラパが花盛りとなってしまったことです。

喜んでいるのはミツバチさんです。晴天で気温の上がった日は蜜集めに大忙しの様子です。

皆さんに美味しく食べていただいて喜んで頂くためにブログなどで案内させていただいておりましたが残念です。

しかし、ミツバチが蜜集めに奔走している様を見ていると自然を相手にしている私たちと共生関係にあるのだからミツバチが喜んでくれればいいのかな。

美味しいハチミツが沢山出来たら少し分けてくれよな!

肉食派におすすめ健康野菜

2019213165454.JPG

イタリア野菜 身体健康 辛味野菜セット フジワラファーム

健康と肌年齢の維持に辛味野菜と有色野菜

先日のブログでも紹介しましたが、お肉を沢山食べる人は体内でエネルギーを作るとき活性酸素を同時に作りだします。

この活性酸素を体内に沢山作ると病気などの原因となります。しかし、抗酸化力の強い野菜を一緒に摂ることによって抑制に働いてくれます。

女性では年齢を重ねてくるとお肌のきめが粗くなり化粧のりが悪くなるのも活性酸素・AGEの影響です。

毎日少しずつ食べても良いように抗酸化力の強い野菜を集めてセットにしました。お求め易いように送料込みで¥3000円にしています。

焼肉であればマスタードグリン、ステーキなどではマスタード水菜など用途に合わせて野菜を揃えていますのでとても使いやす

                          くなっています。

 

 

 

 

春、エディブルフラワー

2019212185020.JPG
2019212211257.JPG

 

イタリア野菜 フジワラファーム エディブルフラワー  ボリジ ナスターチューム

花はお客様の気分をポジティブにし料理に添えるだけで豪華さを演出すると同時に食欲を増しお客様に感激していただけます。

食用花です。花については食べられない花が圧倒的に多いです。年間を通して季節の食用花を紹介していきます。

ナスターチューム:花も豪華で大きく黄色が野菜に良くお似合いです。他に橙、朱赤があります。

         食べると少し苦みを感じますが心地よい苦味です。蜜腺があるので甘味もあります。

ボリジ:星形の青い花です。スイーツでは砂糖漬けにし乾燥させてトッピングに使います。又、ワインなどに浮かべたりもします。

    食べると蜜をすぐ感じます。子供たちに人気の食用花です。愕は除いてください。

夏はトレニア、ペンタス、ナデシコなど紹介します。

美味しい野菜へのこだわりと安全

イタリア野菜 フジワラファーム 野菜の機能性 お取り寄せ

私の野菜を口に入れた時「旨い」と一言で表現していただけるような野菜栽培に努めています。

辛味の強いマスタードグリンなどは辛く、ビーツ、ニンジンなど色彩の豊かなものは色濃く、甘いフェンネル、ルタバカ、ビーツは野菜でないような甘さが

野菜の特徴として現われる様に工夫を凝らしています。ケールでも甘いです。全ての野菜に言えることですが焦らずじっくり育てることを基本にしています。

美味しさへのこだわりが他の野菜と違う

 1)土作りです。美味しい野菜を栽培している方だと皆さんこだわっておられると思います。私は病害予防もかねてキノコ屑で堆肥を作り土作りに役立てています。

   また、旨味の素であるアミノ酸肥料なども新鮮土に混ぜて吸収しやすい様に基肥、追肥として与えています。

 2)原産地と同じ環境を作り栽培していく。これは難しいことですが当社の施設では温湿度をコントロールできるのでかなり味の濃い野菜を生産することが出来ています。

   ミニトマトですが糖度16度を記録したこともあります。味の濃さには定評があります。

  3)作物に応じた適切な施肥  有機質肥料と不足しがちな微量要素も補給し健全な生育を目指しています。野菜の健康=私達の健康

  4)スローフードと同じ旬の時期を大切にする。  年間を通して沢山の野菜を栽培していますが、野菜の美味しさが前面に表現される様に特性に応じた作付をしています。

  (同一品目を年間を通して栽培をするのは楽ですが美味しくない期間が多い。)

      5)お客様との直接取引が多いのでシェフの話からニーズを先取りして提案することが出来ている。ニーズのバック

   6)最後に農産物の安全です。施設内に発生しているている害虫には天敵で対応しています。

   沢山の品目を栽培していると完全無農薬とはいきませんが、一般的な農家と比較したら天敵に気負付けながら栽培するので1/10くらいまでの減農薬ができています。

   病害については土作りと納豆菌などの併用で病害に侵されにくくしている。

以上が私の美味しい野菜へのこだわりです。

   

朝起きると雪

2019211103015.JPG

すっかり雪化粧となったルタバカ

2019211103117.JPG

施設の屋根にも雪 光が差し込まないので薄暗い

イタリア野菜 フジワラファーム

岡山では2~3年に一度くらいしか雪は降りません。それも南岸低気圧が通過するときだけです。久しぶりに3cm位積もっています。

雪の影響で露地畑の地温が下がって生育が遅れ収穫がずれ込む恐れがあります。

今年の販売状況を見るとどちらが良いのかわかりませんが吉と出ることを願いたいです。

肉食派にはイタリア野菜がピッタリ

テキストテキストテキストテキストテキスト

 

イタリア野菜 肉食 辛味野菜

辛味野菜 有色野菜はお肉を沢山食べるときの必需品 体内で作りだされる活性酸素を抑制する働きが有り健康維持につながる

日本の食生活は経済成長に合わせてお肉を沢山食べるようになってきました。元来日本人は耕種民族で高カロリーな食品を食べることが少なかった、

ところが終戦後の欧米文化の流入で食生活も大きく変わってきました。

お肉は高カロリーな燃焼活動を体内で行うので活性酸素などを体内で作り易く細胞に傷などを作り病気の原因を作り出すことにもなります。

近ごろ急激に増加している大腸がんなどは肉食に偏った食生活が原因とも言われています。

しかし、ヨーロッパの食文化の中ではぐくまれてきたイタリア野菜などは抗酸化力を有した野菜、有色野菜なども多くお肉と上手に食べることによってからだへの

ダメージを最小限に抑えてくれます。特にアメリカなどでは辛味野菜をたくさん食べることを病気予防の意味で推奨しています。

私の栽培しているイタリア野菜は辛味、苦み、色素の豊かな食材ばかりです。野菜と言えど機能性食品に引けを取らない野菜ばかりです。

春に向けて肉食派健康野菜セットを企画しています。

※お子様には辛味が強すぎるので注意。

くじけてはいられません。

昨年の被害で半分くじけていましたが、本年の作付案もかたまり作付の準備が忙しくなってきました。近所の保育園から芋ほり体験をさせてほしいとお話がありましたので

露地畑の半分くらいをサツマイモ畑に考えています。さっそく種イモは購入しましたが、芋蔓を育てる温床が必要なのでキノコ屑を入手してこようと思っています。

連休明けは忙しくなるぞ!!

ルタバカ栽培の苦労

イタリア野菜 フジワラファーム ルタバカ

昨年秋の植え付けには苦労しました。豪雨もさることながら秋に台風が2回も来て作付する畝がが機械で作ることが出来なく

手作業で畝造りマルチかけと重労働で肩がはしるような痛みが出ることもありました。そうしていよいよ苗の植え付けに入りましたが、

粘った土を掻き揚げて畝を作ったものですから土くれが大きく苗との密着が悪いのでまたまた砕土しながらの作業で本当に疲れました。

でも、前ブログ写真の様にすべてではありませんが大きく育って美味しくなってくれたルタバカに感謝したいです。

お客様に美味しい野菜をお届けするために一層の努力を重ねてまいります。

よろしくお願いします。