ホーム>美味しい野菜ブログ>2017年3月
  • フジワラファームのこと
  • オーナーのこと
  • 商品一覧
  • 会社案内・マップ
  • ブログ
  • お問い合わせ

2017年3月

野菜でカルシューム、鉄などミネラルが補給できるって知ってますか

野菜から補給しているのはビタミンだけではありません。

野菜にも人の体と同じように健全な植物体を維持するために必要なミネラルを土壌から吸収して維持しているのです。

植物によっても多少好き嫌いがあり吸収量が違っていますが、沢山の種類のミネラルを吸収しているのです。

それをちゃっかり私たちが利用させていただいているのです。しかし残念なことに農産物を生産するためにしっかりミネラルをため込んだ外葉など付けた野菜はほとんどお店に並ぶことはありません。

外葉があるキャベツなどもお店に並ぶ前に見栄えを良くするために外してしまいます。確かに外葉などは堅く調理しにくい所はありますが工夫次第(加熱調理し食べやすくする)美味しくいただけます。

カルシューム不足などはよく耳にしますが捨てられている外葉など力のある野菜から日々摂取する事でもかなり補えます。

ネット販売が主流となった今だからこそ上手に野菜を購入するのも必要ではないでしょうか?。

当園では商品にもよりますが個人向け販売の注文時に外葉がほしいと付け加えていただければ対応させていただきます。

社長の「知って得する野菜の知恵袋」より。

ケールで美味しいスムージー 健康美人

201733193033.JPG

 

ケールで美味しいスムージーを作ってみませんか。美味しくないイメージを払しょくできます。

作り方は簡単です。

ケールスムージー(1人)

材料:ケール50g(専用機で在れば葉柄も利用でき滑らかな仕上がりとなります)

バナナ約1/2個(少し日にちがたって皮に黒い斑点が出来始めたもの)量は好みで

水:60~80cc

ミキサーに全てを入れてミキシングするだけです。簡単でしょ!

甘いのがお好きな方は甘酒やハチミツなどを加えてもいいですしお好みのフルーツを使っても美味しいスムージーが出来ます。

ニンジン、ビーツ、ビエトラなども美味しくいただけます。

 

 

 

 

フェンネルを使った料理 大喜び

本日の参加者は4名でしたが集合と同時にいつもの様に野菜の収穫から始めました。野菜の収穫中も摘まんでこれは美味しい、辛い、甘いと言いながら20品目ほど収穫。

中でも本命のフェンネルには感動したみたいです。

収穫した野菜をそれぞれ分担して調理を始めました。クリーム煮はベシャメルで決まりなので注意しながら弱火で焦げないように仕上げました。とても良い状態のベシャメルソースが出来ました。味も最高でした。

マリネですがフェンネルの葉を刻んでサーモンを付けるだけに準備をしておりましたが、サーモンに塩、胡椒、砂糖をすり込んでいただき漬け込みました。

サーモンを美味しくするワンポイントです。時間はほんの1時間ほどでしたがマリネもとても美味しくできました。

今日は薄日の温かい天気でしたのでパレット仕立てのテーブルで昼食です。

参加の皆さんに喜んで頂きました。お疲れ様でした。

これからもファンクラブの集い参加をお待ちしています。

2017331135838.JPG

 

2017331135916.JPG

 

 

 

 

フェンネルを使った料理イベント 飛び入り参加OK

26日のイベントですが人数に余裕があります。前日までホームページを見られている方がいらっしやるのでお時間が許されるのであれば参加してみてください。

私がイタリア野菜に触れて初めて作った料理です。きっと皆さんにも喜んで頂けると思います。

時間は10:00からですが野菜を畑で収穫してから料理を始めるので多少の遅れは構いません。

お待ちしています。

フローレンスフェンネルを使った料理イベント 締切迫る

 

20173231215.JPG

3月ファームでのイベントは26日にフローレンスフェンネルを使った料理教室を行います。

フェンネルはとても清涼感のある香りがします。

バルブをサラダで味わうのが私は好きですが、フランス料理技法でマリネ、クリーム煮を作りたいと考えています。

参考までになりますがフェンネルのリキュール(アブサン・ペルノー)作りも案内したいと思います。

 

日時:3月26日(日)10:00ファーム集合

参加人数:6名から10名程度

会費:3000円

締切:3月24日(金)

どちらの会もファンクラブ会員以外で興味をもたれた方参加OKです。参加の申し込みをお願いします。

入会もHP内で案内しています。お待ちしています。

携帯:090-8607-8368

メール:info@fujiwara-farm.jp

 

イタリア野菜で他店と違うこだわり

私がイタリア野菜に興味を持ち東京の神田市場に出荷し始めたころ紀ノ国屋の社長さんに紹介されて帝国ホテルの村上総料理長さんとの出会いがありました。

その時のお話ですが、フェンネルを持参してこの野菜を販売したいのですがどうしたら売れるでしょうかとお訊ねするとこのような野菜は当時では使いこなせる料理人は日本では数名しかいないよと

一言で言われました。洋野菜は個性が強く肉食文化と共に使われてきたので肉に負けない特性をそれぞれの野菜が持ち合わせているのでその個性を生かし切ることのむつかしさをお話してくださいました。

それ以来、野菜の個性を持ち合わせた美味しい野菜栽培を目指してきました。栽培方法も土耕栽培でじっくり育て味が濃く日持ちのする野菜栽培を心掛けています。

又、手間はかかりますが旬の時期に販売できるように1年間を4シーズンに分けて野菜の持っている特徴が一番強く出せて美味しく力のある野菜を販売する様にしています。

有名シェフからも季節感があり個性を前面に打ち出せるので料理にメリハリが出てとても重宝しています。と声をかけてくださいます。

グレードアップにもってこいと好評です。

先日も若手のシェフが農園を拝見したいと訪ねてこられました。以前にも数回野菜を購入していただいた方でしたが、その方曰く新規にお店を開店するのでここはと思う農園から野菜を買って使える野菜を

探していた時別格と言えるほど野菜の違いを感じたそうです。それゆえどのような栽培方法で栽培しているのか知りたくて来園してくださいました。ガラス温室と露地、それと栽培土壌の状況を見て頂きました。

栽培に関して説明していくと大いに納得してくれました。他の産地の野菜は早く大きくするために味、香りに特徴が無くなっておりどの野菜を使っても皆同じになってしまって料理にならないんだと

おっしゃってくださいました。有難いことです栽培に自信が持てました。

今でも私が唯一お会いしたい方にミッシェルブラス氏がいます。

長年フランスで世界のビップの胃袋を満足させてきた方ですが材料で一番に調達するのが野菜だそうです。毎朝新鮮な野菜を手にしたところからメニューを決められる徹底ぶりだそうですが

野菜をそこまで重視していただけたら本当にありがたいです。野菜は主役ではありませんが主役を盛り立てることが出来る重要な要素であることがブラス氏の料理哲学からもうかがい知ることが出来ます。

村上シェフも腕のいいシェフは野菜を使いこなせる腕の持ち主だともおっしゃられていました。

これからもこだわりのある野菜栽培を続けていき信頼を築いていきたいです。

 

 

 

 

果菜類の発芽

遅れての播種でしたが順調に発芽しました。これからは温度と日差しが生育を助けてグングン大きくなってきます。

移植作業や定植床の準備が忙しくなっています。

左からトマト、ナス、パプリカとなっています。

201731710154.JPG
2017317101549.JPG
2017317101653.JPG

 

 

12日 とっても美味しかったビーツ料理の昼食会

2017312232029.JPG

本日、倉敷国際ホテルで2月より案内していましたビーツを使った特別メニューの昼食会、参加者6名が大満足の昼食会と成りました。

デザートを頂いている時間に岡総料理長さんとの語らいの場でも参加者全員が料理についての質問を投げかけておられ参加者の熱意を感じました。

食後はホテル内に出来た喫茶室でマカロンと本格的な焙煎コーヒーを飲みながら話が弾みました。

次回の昼食会では参加者もシェフから一品でいいのでオードブルの盛り付けなど教わり実践したいとのご意見もいただきましたので次回は取り入れてみたいと思います。

メニューも前菜、スープ、メインデッシュ、デザート、コーヒーまで出して頂いて とっても美味しかったです。

料理長の心使いでとってもグレードの高いお得感のある料理を準備していただいて参加者全員感謝しています。

岡料理長様 有難うございました。

2017312231822.JPG

当社の葉野菜と赤、黄、白のビーツをサイコロ仕立て中央にはフォアグラと赤ビーツを使ったオードブル

2017312231856.JPG

カモ肉のローストを黄ビーツとオレンジのソースで頂きました

2017312231942.JPG

ちょっと名前を忘れましたが、パイ包みの中にクリームとビーツが合わせてありました

もう一品ボルシチのスープがありましたが美味しさのあまり手振れで画像が良くないのでカットしています。

 

果菜類の播種

ミニトマト、ナス、ミニパプリカ、唐辛子などいろいろ播種しました。ミニ黄トマトなどはもう発芽しています。

今年の夏はレストランからの要望もあり糖度15度を超えるミニトマトを再び再現したいと思っています。

パプリカ、トウガラシなども数種類取り揃えました。ナスは昨年欠品していたフィレンチェも追加しています。

今年の夏は面白くなるぞ・・・。                                

フジワラファームからのお知らせ

いつもホームページを見てくださっている皆さん有難うございます。

ホームページを見て内容等について如何でしょうか。

皆さんお忙しいとは思いますが何でもおきずきの点がありましたらメールにてその内容をお知らせいただければ有難いです。

よろしくお願い致します。

                                                  藤原